ダートトライアルってどんな競技?

ラリーのスペシャルステージを見るような醍醐味あるモータースポーツ

 ダートトライアル競技は、未舗装の路面に設定されたコースを1台ずつ走り、それぞれのタイムを競い合う競技です。
昔は採石場などを利用したコースが多かったのですが、人気が高まり競技人口、観客ともに増加したため、最近は専用の
ダートトライアルコースが全国で誕生しています。

  基本的な競技内容はジムカーナと同様、約1.5km〜2km程の特定コースを1台ずつ走行し、そのタイムを競います。
通常はコースを2回走行し、速い方のタイムで順位を競います。
 滑りやすいダート(未舗装)路面でのタイムアタックはレースや他の舗装路面で行われる競技とは、テクニックや見た
目の迫力がまったく異なります。
 ダート路面をスライドさせながらコーナーをクリアしていくその様は迫力満点です。
その意味では観客受けのする競技と言えます。
特に改造車クラスの車両の走行はかつてのWRC(世界ラリー選手権)で一世を風靡したグループB時代のラリーマシン
を彷彿させる迫力があります。 欧米では、これに似たイベントとしての「ヒルクライム」の人気があります。
kamimura       cp9a

 

inserted by FC2 system